英語のFには気をつけて

英語の「H」を発音するのは日本人にとって難しくはありません。というのも、日本語の「ハ」行と同じ発音方法でOKだからです。

 

一方、日本語をローマ字表記する際にたとえば「ふ」を「fu」と書いたりするため誤解が生じがちなのですが、英語の「F」音は日本語の発音にはない音なのです。このため、英語の「H」と「F」を聞き取ったり発音するときにはきちんと区別できるようにしなければいけません。

 

英語の「F」の音を出すときには、まず下の唇を前歯で軽く押さえるようにします。その状態で息を吐き出してください。息を吐き出したときに唇と歯の隙間から音が出ると思いますが、その音が英語の「F」の音になります。

 

このように、英語の「F」の音は日本語の「ハ」行とは違って吐いた息が出ていくときの音です。こういった音は日本語にはありませんから、こういった音をしっかりと聞き取ったり発音できるようになれていくことが大事です。

 

英語の「F」のような摩擦音は、最初のうちは慣れませんから口の形や唇の形をしっかりと意識するようにして、正しく発音をすることが大事です。慣れてくれば自然に音を出せるようになりますから、最初はきちんと練習しましょう。

 

英語で普段よく使われる英語の単語から「B」や「F」音の例をあげれば、たとえば、「hear」と「fear」、「heel」と「feel」、「hat」と「fat」、「hood」と「food」、「hold」と「fold」などでしょう。いずれも意味が異なってきますから、きちんと聞き分けられるようにしてください。

 

ネイティヴの方が発音した音声教材などを使って、英語の正しい音に慣れるようにするといいでしょう。